MENU
紹介する TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

四十肩、五十肩

四十肩、五十肩のつらい肩の痛みは奈良市の朱雀のこころ整骨院の根本治療にお任せください

こんなお悩みありませんか?

  • デスクワーク続きで肩こりがひどい
  • 腕が思うように上がらず着替えも不便に感じる
  • 湿布や飲み薬の効果をあまり感じない
  • 肩が張りすぎて頭痛がする

四十肩、五十肩はその名の通り、40~50代にかけて好発する症状になります。

肩関節周囲炎とも呼ばれており、肩周りが痛くなる、腕を上げられなくなるなどの症状が起こります。

特にパソコンや事務作業などデスクワークが多く、肩への負担が大きくなると発症しやすくなります。

また男性よりも女性の方が四十肩、五十肩になりやすいとも言われています。

四十肩、五十肩は年齢的なものだから仕方ない、動かさなければよい…と積極的な治療をしない方がいらっしゃいますが、それは間違いです。

きちんとした根本的治療を行わなければ、痛みはひどくなってしまいます。

五十肩の原因は?

肩はいろいろな方向に動かせますが、その為に肩の構造は複雑で不安定なものになっています。

腕を上げる動作1つとっても、肩甲上腕関節、肩鎖関節、胸鎖関節、肩甲胸郭関節、と4つの関節が協調して動きます。

そのどれか一つの関節に動きに異常が出ると、他の関節も次第に動きにくくなり、やがて腕が上がらない肩が痛いといった症状につながっていきます。

また、肩はいろいろな方向に動かすために多くの筋肉が付着していますが、動きが悪くなってくるとこれらの筋肉には過剰な負荷がかかり、結果として慢性的な症状に繋がってしまいます。

さらに、首・背中・腰などの影響で、肩の動きに制限があることもあります。
これらの部位についても併せてアプローチしていくことで、症状の改善だけではなく再発防止につながる根本治療が可能になってきます。

奈良市の朱雀のこころ整骨院の五十肩治療

奈良市の朱雀のこころ整骨院では五十肩に対して頭蓋仙骨療法やAKA-AKS治療(関節包内治療と筋細胞リリース治療)を行います。

関節拘縮や筋肉の凝り固まりが酷くなければ、頭蓋仙骨療法で脳脊髄液の循環促進をすることで数分間の施術で問題が解消されてしまう場合も少なくありません。

拘縮や筋肉の凝り固まりがみられる場合は筋細胞リリースを繰り返し行なうことで数週~二、三か月で回復します。

患者様の症状に合わせて治療を行いますのでまずは奈良市の朱雀のこころ整骨院へご相談ください。