MENU
紹介する TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

腱鞘炎

手首を動かすたび痛みが起こる腱鞘炎の施術は奈良市の朱雀のこころ整骨院へお任せください。

こんなお悩みありませんか?

  • 親指の付け根あたりが痛い
  • ビンのふたを開けるときに手首が痛い
  • キーボード操作時に手首が痛くなる
  • 痛みが治まることもあるが、手を使うと痛くなる
  • 産後に手首が痛くなってきた

腱鞘炎とは

腱は筋肉の延長線上にあり、骨に付着することで筋肉の収縮を骨に伝え骨を動かします。
腱鞘は、主に手足にあり、腱がズレないようにする為のトンネルのようなものです。
腱がベルトで、腱鞘がベルト通し、とイメージするとわかりやすいでしょうか? 手を使うたびに、腱が腱鞘の中を行ったり来たりと移動します。
手の使い過ぎで、腱と腱鞘が何度も擦れると炎症を起こします。
腱鞘のある部位では、どこでも腱鞘炎が起こる可能性がありますが、構造上と使用頻度の問題で親指の付け根あたりに炎症を起こしやすいです。

腱鞘炎の原因

腱と腱鞘は摩擦が掛からない構造になっていますが、使い過ぎや重たいものを持つと腱鞘への圧力が強くなり腱との間に摩擦が起こります。
摩擦が何度も起こると炎症を起こして、腱が厚くなってきたり腱鞘のトンネルが狭くなったりします。
こうなると、ちょっとしたことでも摩擦が起きるようになり、慢性的な腱鞘炎となります。

一般的な腱鞘炎の施術

腱鞘炎は、名前の通り炎症を起こしていますので、炎症が引くまで安静にしておくのが一般的です。
ただ、手を使わないというのは、ほぼ不可能なのでサポーターなどの固定具で安静を図ります。
炎症が引いた後は、電気や痛み止めなどの施術や、ストレッチなどの予防することが多いです。
また、手の使い方や生活環境・職場環境を見直して、手に負担が掛からないように指導されることもあるでしょう。
ただ、長期の固定で関節が拘縮してしまうこともあり、これらの施術で根治することは難しく、再発してしまうことも多いようです。

朱雀のこころ整骨院の腱鞘炎の施術とは??

奈良市の朱雀のこころ整骨院では腱鞘炎を起こしている局所への対症療法ではなく、全身の骨格のアンバランスやゆがみを改善し、さらに脳脊髄液などの体液循環を促すことで機能低下を起こしている身体機能の回復を図ることにより速やかな改善が可能です。腱鞘炎の痛みでお悩みの方は是非、奈良市の朱雀のこころ整骨院へご相談下さい。