MENU
紹介する TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

足底腱膜炎

つらい足裏の痛みは足底腱膜炎の可能性あり!骨格矯正を得意とする奈良市の朱雀のこころ整骨院の施術にお任せください

こんなお悩みありませんか?

  • ランニング中に、かかとから足裏にかけて痛い
  • 長時間の立ち仕事で足裏に痛みが出る
  • 歩きはじめに、かかとから足裏にかけて痛くなる
  • 靴があっていないように思う
  • かかと辺りが腫れているように見える

足底腱膜炎とは

足底筋膜炎は、足裏の足底筋膜に変性や炎症を起こした状態を指します。
歩行やランニングでかかとから足裏に掛けて痛みが出てくるのが、一般的な症状です。
繰り返し行われるランニングやジャンプ、長時間の立ち仕事などで足底筋膜が過度に伸ばされてしまうことによって、発症するといわれています。
足底腱膜炎はスポーツ障害の一種であり、特にマラソンやジョギングを始めたばかりのランナーによく起こります。足の裏が痛くて仕方がない、朝起きた時や歩きはじめた時などに踵が痛む、立ち仕事をしていると足裏が痛む・・・このような症状がある場合には、足底腱膜炎の可能性あります。

足底腱膜炎の原因

足底筋膜炎は直接的には足の骨、特に踵骨(かかと)や足根骨の位置関係がずれることによって生じます。
多くの場合、踵骨が足指より(前方)に移動することで、足根骨が内側(回内)に倒れてしまい、土踏まずを含めた足のアーチが維持できなくなります。
その結果、足底筋膜は常に伸ばされた状態になるため、ランニング等でさらに足底筋膜が伸ばされると衝撃に耐えることができなくなるため、炎症を起こします。
踵骨を移動させるのは主にふくらはぎの固さなので、一般的にはふくらはぎのストレッチが推奨されます。
しかし、踵骨が移動する理由はふくらはぎの固さだけではなく、骨盤、股関節、膝関節、足関節の動きと姿勢バランスに左右されます。
例えば、内股やX脚などでは、歩行やランニングにおいて踵骨も足根骨も回内の動きを強制されます。
そうなると、足底筋膜は過度に伸ばされるため、いずれ痛みなどの症状に繋がります。
つまり、足底筋膜炎はふくらはぎのストレッチのように、足だけのアプローチではほとんど治らないのです。

奈良市の朱雀のこころ整骨院の足底筋膜炎の施術とは??

整形外科などの病院での施術では「走るのをやめてください」と言われて、痛み止めの注射を打ったり、テーピングをしたりする対症療法が一般的になります。しかし奈良市の朱雀のこころ整骨院では足底腱膜炎の根本的施術を提案します。

足裏腱膜炎の痛みは身体のゆがみと循環不全が原因で起こっています。

足は体全体を支えている部分になりますので、その上に乗っている骨盤、背骨、頸椎などがずれていると足に過度の負担がかかってしまいます。そこで奈良市の朱雀のこころ整骨院では上部頸椎施術で全身の骨格バランスを改善し足底への負荷の軽減を図り、更に頭蓋仙骨療法によって脳脊髄液などの体液循環の促進を図ることで、足底腱膜炎の根本原因に対する施術を行います。

病院へ行ってもなかなか治らない足裏の痛み、再発してしまった足底腱膜炎などの症状がある患者さんはぜひ奈良市の朱雀のこころ整骨院へご相談ください。