MENU
紹介する TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

胸郭出口症候

胸郭出口症候群のつらい症状は、奈良市の朱雀のこころ整骨院の根本治療にお任せください
こんなお悩みありませんか?
  • 腕を挙げると手に痛みやしびれが走る
  • 常に腕にだるさやしびれがある
  • 常に手が冷たく感じる
  • 腕に鈍い痛みがある
  • スポーツで肩を傷めてから、プレー中に腕がだるい
胸郭出口症候群とは

胸郭出口症候群は、首から腕に向かう神経の通り道である「胸郭出口」で、神経が圧迫されたり絞めつけられたりすることで起こります。

腕に向かう神経(腕神経叢)が圧迫または絞めつけられているので、腕の痛みやしびれ、冷感などの症状が一般的です。

なで肩体型の方に多いですが、いかり肩やスポーツなどで肩を傷めた方にも起こると言われています。

胸郭出口症候群の原因
胸郭出口症候群は、胸郭出口が狭くなることで起こると言われていますが、狭くなる原因は主に3つあります。
●斜角筋症候群
首の前方から第一肋骨につながる、前斜角筋と中斜角筋という筋肉があります。
前斜角筋と中斜角筋の間にはすき間(斜角筋隙)があり、このすき間に腕に向かう神経が通っています。
前斜角筋と中斜角筋の緊張が強くなることで、このすき間が狭くなり神経を絞めつけてしまいます。
●肋鎖症候群
斜角筋隙を通過した神経は、次に第一肋骨と鎖骨の間(肋鎖間隙)を通ります。
なで肩のように、鎖骨と肩甲骨が下に移動した状態(下制)では、肋鎖間隙が狭くなるため神経が圧迫されます。
●過外転症候群
肋鎖間隙を通過した神経は、胸の筋肉である小胸筋の下(小胸筋下間隙)を通過します。
小胸筋が強く緊張した状態で腕を横から挙げると(外転)、神経に絞めつけられる力と引き延ばされる力が加わります。
つり革を握るなど肩を挙げる動作や重たいものを持つ動作、投球動作などで症状が出ます。
奈良市朱雀のこころ整骨院の胸郭出口症候群の治療とは??
奈良市の朱雀のこころ整骨院では奈良市で上部頸椎矯正と頭蓋仙骨療法およびAKA-AKS治療を専門に行っています。
上部頸椎治療によって骨格バランスを最良化することで胸郭出口で神経が圧迫されることの根本原因を除去し、頭蓋仙骨療法によって脳脊髄液、血液・リンパの循環促進を図り自然治癒力を最大化します。
さらに必要に応じて筋細胞リリースを行い筋肉の凝り固まりを除去します。
腕を挙げると痛みやしびれがある方、スポーツでのプレー中に腕がだるくなる方、手先が冷たく感じる方は、ぜひ奈良市朱雀のこころ整骨院までご相談ください。