MENU
TEL LINE

オスグット

子供に起こるオスグットは奈良市の朱雀のこころ整骨院へお任せください

オスグットは小学校高学年~中学生、高校生によくみられる症状です。人によって成人しても痛みが続く場合もあります。特にオスグットはバスケットボール、バレーなどのジャンプ動作を行うスポーツで好発すると言われています。

オスグットは、膝のお皿を介して脛骨粗面に牽引の力が加わることで損傷してしまいます。さらに症状がひどくなると剥離骨折を起こしてしまうケースもあるので注意が必要です。オスグットは特に子供によくみられる症状なのできちんとした治療をしておかなければ、痛みが長続きしてしまうこともあるのでお早目に奈良市の朱雀のこころ整骨院へご相談ください。

オスグットになる原因は、膝に過度な負担がかかるためですが、根本的な原因は背骨や骨盤、膝などの骨格の歪みにあると言われています。奈良市の朱雀のこころ整骨院では上部頸椎治療や頭蓋仙骨療法、およびAKA-AKS治療によりいち早く原因除去と競技への復帰が可能です。。

骨格の基盤となっている頸椎を矯正し、脳脊髄液の循環を促進し、全身の関節・筋肉のバランスを整えてあげることで、膝への負担が軽減され、速やかな回復と競技への復帰が可能となります。まずは一度奈良市の朱雀のこころ整骨院へご相談ください。