MENU
TEL LINE

変形性股関節症

つらい変形性股関節症の治療は、奈良市の朱雀のこころ整骨院へお任せください

こんなお悩みありませんか?

  • 歩くと股関節が痛い
  • 長時間の歩行で腰痛も出てくる
  • 歩くときに体が左右に揺れる
  • 股関節が曲げられない
  • 変形性股関節症と診断された

変形性股関節症とは

変形性股関節症は股関節の軟骨が擦り減ったり、骨に棘が生じたりすることで、股関節が変形することを指します。

先天性股関節脱臼、臼蓋形成不全、大腿骨頭壊死症など、さまざまな股関節の疾患や外傷から年月の経過とともに股関節が変形することが多いと言われています。

股関節の可動域が狭くなったり、筋力低下などを引き起こすので、日常生活にも支障が出てくることがほとんどです。

変形性股関節症で股関節や腰が痛くなる原因

形性股関節症では、軟骨や骨の変形があるために痛くなるというのが一般的には言われています。

しかし、他にも痛くなる原因はあります。

股関節は、太ももの骨(大腿骨)に骨盤が覆い被さっている構造になっています。
多くの場合、変形した股関節に負担を掛けることを避けるために、骨盤が前傾することで対処しようとします。

骨盤の前傾は、腰の反り過ぎと股関節の屈曲・内旋・内転を強制します。
結果、腰椎と股関節及び、内転筋群・殿筋群に負荷が掛かることで腰痛や股関節痛につながります。

奈良市朱雀のこころ整骨院の形性股関節症の治療とは??

奈良市の朱雀のこころ整骨院では上部頚椎治療、頭蓋仙骨療法、AKA-AKS治療など他の整骨院では受けられない専門的な治療で、根本的治療を進めていきます。

骨の変形自体を治すことはできませんが、変形していても痛くない状態を作ることは可能です。

日常生活レベルを落とさずに手術を回避することを目指して施術および指導・アドバイスなどのサポートを行います。

慢性的な股関節痛でお悩みの方、手術をしたくないという方は、一度奈良市朱雀のこころ整骨院までご相談ください。