MENU
TEL LINE

変形性膝関節症

変形性膝関節症でお困りの方は、奈良市の朱雀のこころ整骨院へご相談ください

こんな症状でお悩みではありませんか?

  • 変形性膝関節症と言われたが、手術はしたくない
  • 膝の曲げ伸ばしがツラい
  • 階段の上り下りができない
  • 膝に違和感が常にある
  • 膝が曲がったまま伸びない

変形性膝関節症について

変形性膝関節症は膝の軟骨がすり減ることで、関節の隙間が狭くなったり、骨の棘ができてしまったりと、膝が変形していることを指します。

軟骨がすり減るのは、加齢によるものやケガなどの理由によって起こるといわれています。

一般的に、膝の変形によって骨や筋肉などへの負荷が強くなりすぎるため、歩行時等で痛みを生じるといわれています。

一般的な変形性膝関節症の治療について

変形性膝関節症は、軽度であれば保存療法が行われますが、重度化してくると「手術をしましょう」という展開になることがほとんどです。

膝の手術はとても成績が良く失敗もほとんどないため、術後の時間経過でも良い状態を維持できることが多いです。
明らかに変形が強く、膝の屈曲が90度にも満たないなど、日常生活にも支障が出る場合は手術を検討されるのも良いと思います。

ただ、即手術ということは、余程のことでもない限り行われないです。
まずは、保存療法が選択されます。

変形性膝関節症の保存療法は、膝の痛みに対しての処置がメインです。
痛み止め、注射、膝まわりのストレッチやトレーニングが代表的です。
これらの治療で痛みを抑え、また可能な限りの予防を行うことを狙いとしています。

そして、ほぼ必ず「経過観察しましょう」と説明されます。
これは、「変形が重度化するかどうか様子をみましょう」ということで、変形を止める手立てがあるわけではないです。
変形が重度化すれば手術を勧められることになりますし、そうでなければ引き続き保存療法による治療が行われます。
つまり、膝の痛みが抑えられて、経年による膝の変形を時間稼ぎできれば保存療法としては万々歳なのです。

ただ、変形が軽度で保存療法で治療を行っているが、膝の痛みが取れないという場合は違ったアプローチが有効な場合があります。
もちろん、手術を否定するわけではありませんが、どうしても手術したくない方は違うアプローチを検討されてはいかがでしょうか?

奈良市朱雀のこころ整骨院の変形性膝関節症の治療とは??

奈良市の朱雀のこころ整骨院では患者さんの膝痛がなぜ起こっているのか?その原因について徹底的に解明し、原因にあった根本治療を提案させていただきます。

多くの膝痛の根本的原因となっているのが骨盤など骨格の歪みです。

骨格の歪みを正していくことで膝にかかる負担を軽減し、更に痛みを引き起こしている筋肉の凝り固まりを解消することができます。

変形性膝関節症のような骨の変形自体は元の形には戻りませんが、変形していても痛みが出にくい状態を作り、しっかりと歩けるようにサポートしていきます。

膝の痛みでお困りで手術をしたくないという方は、一度奈良市朱雀のこころ整骨院までご相談ください。