MENU
TEL LINE

首のヘルニア(頚椎椎間板ヘルニア)

つらいヘルニア症状は奈良市の朱雀のこころ整骨院の頸椎矯正術にお任せ

こんなお悩みありませんか?

□慢性的に首が痛い
□上を向くと腕がしびれる
□肩こりのような症状が取れない
□首・肩・腕にだるさを感じる
□電気・投薬・牽引治療に効果を感じない

頚椎椎間板ヘルニアについて

頚椎椎間板ヘルニアは、頸椎(首の骨)と頸椎の間にある椎間板が飛び出してしまうことをいいます。

首の椎間板は、交通事故のような大きな衝撃で急性的に起こることもあれば、不良姿勢によって慢性的に起こると言われています。

椎間板は、椎間孔と呼ばれる神経の通り道に飛び出してしまうことがほとんどです。
首の神経は、主に首・肩・腕を支配しているため、首や肩のだるさ、腕のしびれといった症状につながると言われています。

頚椎椎間板ヘルニアの原因は?

椎間板が飛び出してしまう原因は、椎間板に必要以上の圧迫された力が加わることです。

交通事故などで起こる衝撃で首が激しく揺さぶられ、椎間板が飛び出してしまったり、アゴが上がってしまったような不良姿勢で持続的に椎間板が圧迫されて、時間の経過とともに飛び出してしまうことがあります。

また、頸椎および椎間板はその大部分が靭帯などの軟部組織で覆われていますが、神経の通り道である椎間孔には覆っているものはないため、椎間板は椎間孔に飛び出すことがほとんどで、飛び出した椎間板が神経を圧迫することで各種症状が起こるといわれています。

頸椎椎間板ヘルニアと診断されたら

病院および整形外科での「頚椎椎間板ヘルニア」の診断は、問診による症状の確認、理学的所見といって頚椎椎間板ヘルニアならばある動きをした時に陽性の反応が出るかどうか、レントゲンやMRIの画像での所見で行われることが一般的です。

ただし、これら診断の判断基準はすべて推測です。
さまざまな観点で推測を行うことで診断の精度を上げているのですが、実際に椎間板が神経を圧迫しているかを直接確認しているわけではありません。
実際、症状は何もないのに画像では「頚椎椎間板ヘルニア」であると診断された方もいるという、医学的な報告も散見されます。

つまり、首・肩・腕などに痛みやだるさ、しびれなどの症状があり、「頚椎椎間板ヘルニア」と診断されたとしても、実は原因は他にある可能性も十分に考えられます。
当院の頚椎椎間板ヘルニアの治療

椎間板ヘルニアになった場合、外科的治療しかできないのでは?と勘違いされている方が多いです。しかし近年では手術をしない保存療法が多く適用されています。

奈良市の朱雀のこころ整骨院では上部頸椎の矯正術とアトラスオーソゴナルカイロプラクティック、頭蓋仙骨療法を専門に行っています。椎間板ヘルニアの治療となると、骨盤矯正を主として行う整骨院が多いですが、当院では頸椎の歪みを矯正することによって体のバランスを整え、ヘルニアの症状を根本的に改善していきます。

痛み止めや首の牽引治療の効果に満足できない方、手術はしたくない方、一度奈良市朱雀のこころ整骨院までご相談ください。

ヘルニアによる症状は、骨格で最も重視しなければいけないのは頸椎です。手術をしなくても治療が可能な奈良市の朱雀のこころ整骨院のヘルニア施術をぜひ実感してみてください。